施術の効果を持続させるにはどうしたらいいの!?②

昨日は施術を持続させる方法を…と思ったのですが

施術に対する情熱を語ったところで終わってしまいました。

さて、本日は施術者に指摘された言葉別の中医学的養生法…

つまりは、施術の効果を持続させるヒントをお伝えしたいと思います。

①血流が悪い

・足のむくみ
・肩こり
・くすみ

このあたりを訴えると、『血流が悪いですねー』って言われることが多いのではないでしょうか。

せっかく施術で流しても、自分の力で流せるようにならないと、一生施術に依存することになってしまいますよね。

血流が悪い方におススメな養生法は下記の通りです。

【食事編】

青魚、ネギ類、根菜類を食べる
冷たい食材は避ける
熱性(アルコール、精製された炭水化物)のものは控え目に

【生活編】

頭を意識的に休ませる
携帯やテレビをみない時間を強制的に作る

毛細血管まで血液を流すためには有酸素運動よりぼーっとすることのほうが40%ほど効果が高いという研究結果が出ています。

【運動編】

仕事中の離席の回数を増やし、脚のストレッチをする
日が昇っている時間に軽い運動を習慣化し、適度な汗を流す

②リラックスしてくださいねー

・肩こり
・首こり
・自律神経系の不調
・片頭痛
・更年期の不調

このあたりを訴えると、『リラックスしてくださいねー』って言われることが多いのではないでしょうか。

「それができないから不調が出てるんだってば!!」

という方も多いと思います。

【食事編】

香りの良いものを食べる(ハーブなど)

【生活編】

香りを楽しむ

先の予定を詰めすぎない

側頭部をよくほぐす(自律神経系を整える経絡がながれています。施術をしていても、ここをほぐすと首コリがすっと抜けます!!!)

 

上記のことを習慣化することによって

ご自身で心身のコントロールがしやすくなっていくはずです。

 

ちょっとしたきっかけかもしれないけれども、

物事が好転するのも、悪化するのも、すべてが一気に動くようなイメージをもたれがちですが、

パズルの小さなひとつのピースがきっかけになること

も、とても多いです。

 

あなたにとってのひとつのピースになりますように…

関連記事

  1. サロンコンセプト「あなたの元氣を取り戻します」に込めた思いに…

  2. ピルを飲んでいるのに生理不順!?陰陽五行の『水』を養うために…

  3. 栄養士が栄養バランスよりも大切だと思う食事のポイントについて…

  4. 陰陽五行論の日常生活への活用方法~五行論とは~

  5. 気功とコーチングの共通事項

  6. 中医学でみるインフルエンザ対策とは