元気がないから運動をする…それって必要!?

昨今、空前の筋トレブームですよね。

短期間でコミットするダイエット系のジムや

アグレッシブに仕事をこなすために…ビジネス部門での書籍が出版されたり

コンビニでも以前より、プロテインが増強されたドリンクやフードが気軽に手に入るようになりましたよね。

栄養士としては…確かに

朝…トーストとコーヒー

昼…サラダとパスタ

夜…日によって異なる

よくある食事って、たしかに、たんぱく質が欠乏するなー

たんぱく質の摂取が少なくなるということはお肉の摂取自体少ないから、

女性に必要な鉄分が少なく「貧血」につながるよなー

ということは、同意できるんです。

でも中医学的には、筋肉って増強すれば身体が元気になるものでもありません。

他人に強要しない

先日、過労気味でお疲れがたまっているお客様が推拿(すいな)にいらして

「マラソン好きの上司から、運動しろと言われてマラソンしたら、肺炎になった」

という話を聞いてびっくりしちゃったんですよね…

 

極端に筋トレにはまっている人

プロテインを常飲している人

自己満でやっていただく分にはどうでもいいんですけど

『自分が正しい』他人に強要する行為は病んでます。

中医学的にもメカニズムは証明できて、

プロテインは肝臓への負担がとても大きい食品です。

乳由来、大豆由来、様々なタイプがありますが、

食品からタンパク質だけ精製したものが「プロテイン」で

消化の過程で肝臓に負担がかかります。

中医学の陰陽五行で『肝』は

蝕まれると怒りっぽくなります。

✔攻撃的

✔自分が正しい精神

などに偏りやすくなります。

体力をつけるより削っている原因に着目を

中医カウンセリングの際に特に気をつけているのが

「何をしたら元気になるのか」

よりも

「消耗の原因は何か」

に着目をすることです。

例えば、どんなに高級な健康食品を摂取しても

消化吸収が弱かったり

摂取したもの以上の消耗をしてしまっては

どれだけ補っても意味がないですよね?

 

過労の場合、陰陽五行で蝕まれるのは

『木』…下記の『火』によって燃やされてしまい、自律神経系、肝臓に負荷がかかる

『火』…心臓、脳の使い過ぎ、過剰に負担がかかる

『土』…エネルギーの保持をするとこと、臓器でいうと胃

『金』…免疫力が低下し、肺、大腸、肌に不調が

『水』…上記の『火』を消すために弱ってしまう、腎、子宮、髪の毛などに不調が

どこが一番影響を受けているか

どこが一番弱っていて強化してあげたいか

によって、『過労』という症状への対処法は異なるわけです。

何が辛いのか敏感になろう

『どうして自分ばかりこんなにふんばりがきかなんだろう』

『あの人はあんなにアグレッシブなのに自分は頑張れないんだろう』

自分を責めてしまう時は、

『何が自分をそんなに消耗させているのか』

『何がストレスで何が不快で身体のどこがつらいのか』

自分に観察の目を向けてみてください。

人それぞれストレスの対象や疲労の原因は異なります。

まずは、それを癒していきませんか!?

自分で見つけることができない場合は、是非一度中医カウンセリングを受けに

いらしてくださいね。

 

関連記事

  1. 推拿(すいな)は外側から内側にじっくりほぐす施術です

  2. 心と身体と環境のバランスについて(七情)

  3. ホームページをリニューアルしました。

  4. 睡眠の質を上げてイキイキと過ごすには

  5. 怒りっぽい・キレやすい人の中医学的原因について

  6. 春の土用に突入しました!