紫外線、UVケアについて振り返りしましょう!

日射しが強烈になってきました。

暑くてマスクが

苦しくなってきましたね(*_*)

今日は、紫外線、UVケアについて振り返りしましょう!

 

紫外線の種類

地上に届く紫外線は2種類。

UV-A:一年中降り注ぐ(春~夏多い)。

じわじわ肌の奥を傷つける、シワたるみ老化促進原因に。

※ブルーライトもこちらに近い

UV-B:3~9月、真夏が一番強烈。

浴びると皮膚が赤くなる(やけど)、色素沈着、シミ、皮膚の免疫力低下にもつながる。

 


SPF ·PA の違い

SPF :UVB波の防御効果。(1~50まで) 

PA : UVA波の防御効果(+で示される。最大++++4つ)

どちらの数値も高ければ高いほど肌への負担が大きくなるので、日焼け止め選びはとても重要です。

dav

 


日焼け止め選び方

【SPF・PA強度】

〇通勤、買いだし、ウォーキング1時間以内のおでかけ

→SPF 20~30 PA+++ 程度

◯1時間以上長時間、屋外いる際(スポーツ等)

→SPF 50 PA ++++を選ぶ

汗や化粧直しの際に塗り直すこと。 

【使用量】

ボトルの裏に書いてあるきちんと適正量使ってください

(少なく付けてる方多いです。)

悪い影響ばかりではないです!

日光浴も大切。

うつ予防に、カルシウムの吸収(骨の強化にも)を高めるビタミンDの生成には欠かせません♪

特に、

UV-B を浴びるとビタミンDが作られるそうです!

1日15分程度(週に3回を目安)。

それでも、やっぱり焼けてシミを作りたくないので、

守りたい肌はしっかりガードして、

メラニン色素が少ない

手の平で日光浴を。それでも

十分に生成♪

 


紫外線を浴びた後

メラニンは寝てる間に黒くなると言われています。

肌が黒くならないように、

食事でサポート!:ビタミンB,C,Eの含まれるも意識。卵、レバー、魚介類、果物類、ブロッコリー、ピーマン、ゴマ、アーモンド、玄米等

基礎ケアでサポート!:ビタミンC、コラーゲン系のシートマスクなどでたっぷり保湿。とにかく潤いを与える。(乾いた土に水を与えるイメージ)

——

本格的な夏を向かえるまえに

振り返っておいてくださいね!

それから

最近夜は道が暗くて物騒ですので、

散歩などは明るい時間にしてくださいね( ´-`)そして太陽光浴びましょ♪

関連記事

  1. なぜ栄養士の私が中医学カウンセリングをするようになったのか

  2. 腰痛の原因と中医学的対策方法について

  3. 遠赤外線ヒートマットで毒だししませんか?

  4. 今後のサービス展開について

  5. 怒りっぽい・キレやすい人の中医学的原因について

  6. ホームページをリニューアルしました。