睡眠は健康のバロメーター

すっきりと起きられない

これは未病です。

 

施術前の問診をご記入いただく際に

ほぼほぼ皆様

体調良好に丸をつけられます。

 

でも実際カウンセリングさせていただくと…

✔眠りが浅い(夢を見る)

✔寝つきが悪い

✔すっきり起きられない

 

これは立派な不調。

その先には病が待っています。

 

①眠りが浅い(夢を見る)

脳が休まっていない証拠です。

ふくらはぎ、肩甲骨回りが固くなっているはず。

ほぐしてから寝ましょう。

あとは②の内容↓も参考になさってください。

 

②寝つきが悪い

翌日のことを考えすぎていませんか?

あるいは寝る直前までテレビや携帯を見ていませんか?

ノンカフェインの温かい飲み物を飲んで

脳を休ませてからベッドに入りましょう。

 

③すっきり起きられない

睡眠時間をしっかりとれているのに、すっきりと起きられない場合。

①の眠りが浅いプラス、臓器が弱っていることが考えられます。

通常寝ている間に、疲労物質の解毒分解や、内臓の修復を行いますが…

できていないということになりますね。

『肝』…免疫機能

『腎』…造血、ホルモンバランス

が弱っている可能性大

 

睡眠が良ければ、

ちょっと忙しかったり、ネガティブな感情になっても

リセット機能が働いている証拠ですから、

自分で復活できます。

自分で自分の元氣を取り戻せます。

 

私たちが目指しているのは、

施術で体を良くすることではありません。

 

その先の、

『自分で自分を元氣にできる』

という方を増やしていきたいと思っています。

 

 

そのために、施術をうけていただいて

自分の『元氣』を思い出してください。

 

どれだけ今ご自身の元氣が失われているか、

感じ取っていただけますよ( *´艸`)

関連記事

  1. 施術の効果を持続させるにはどうしたらいいの!?②

  2. 施術の効果を持続させるにはどうしたらいいの!?①

  3. 中医学的お母さんのおにぎりが美味しい理由

  4. ぼーっとすることが有酸素運動よりも血流アップをさせるというウ…

  5. あなたの『土』痩せていませんか?

  6. 時短や効率重視は不健康をまねく