秋の養生方法

すっかり秋らしくなってきましたね。

今年は夏が暑すぎた分、少しでも涼しくなると体調に響きやすくなります。

秋は陰陽五行で『金』の季節

臓器でいうと、肺・大腸の養生が必要な季節

肺は、一番最初に外気が体内に入ってきたときにふれる臓器であるため、

免疫力に関係しますし

ぜんそくなどの呼吸器系の疾患

肺の乱れ=呼吸の乱れですから、体内の循環にも影響を与えます。

 

潤い

循環

 

をいつも以上に意識したい季節。

 

大腸の乾燥つまり、便秘も、免疫力低下のサインです。

陰を養う夜は活動を控える。

心身ともに巡らせるために、思考、身体、心地よく動かしていきましょう。

 

お食事も身体を潤すものを摂取したいですね。

 

【肺を調整する食べ物】

たまねぎ にんにく にら ショウガ しそ ねぎ など

【身体を潤す食材】

豆類 きのこ類 バナナ ごぼう あさり など

 

また、体温よりも冷たい水分を摂取しても

身体は水分と認識せず体外へ排泄してしまいます。

 

常温あるいは温かい飲み物で水分補給をしましょう。

 

運動の秋とは言いますが…

いきなり頑張りすぎないように。

心地よい陽気だから、一駅歩いてみようかな…

 

くらいが、心も身体も養生できます。

 

関連記事

  1. 何をするにも気力がわかない…そんな時は?

  2. 推拿(すいな)は外側から内側にじっくりほぐす施術です

  3. 陰陽五行論の日常生活への活用方法~陰陽論とは~

  4. 春を元気に迎える冬の土用の養生法

  5. 栄養士が栄養バランスよりも大切だと思う食事のポイントについて…

  6. 睡眠は健康のバロメーター