陰陽五行から考えるダイエットの極意

エネルギーの出納に問題がなければ

脂肪が蓄えられることはありません。

 

10年間栄養士をしておりますが

『カロリー計算は古い』

『人によって痩せやすい食事は違う』

 

もともと食いしん坊でずっと太っていたので

ありとあらゆる方法を試行錯誤してまいりました。

 

が、結局はバランスが偏っているときに

溜め込むか

痩せるか

 

でしかないのです。

食事運動が適正量なのに、大きく数値が変化することは

内分泌系異常などでない限りなかなかあり得ません。

 

中医学では、身体の内と外は相関関係があると診ます。

 

陰陽五行でのポイントは『脾(土)』『腎(水)』『肝(木)』

①『脾』…飲食物の消化・代謝および栄養物質の生成。

食べ物から栄養成分を吸収し、『氣』『血』『水』を生成する。

これ、食べ物だけでなくですね

…物事も消化すると考えます

よってモヤモヤと消化不良を起こしていると

太ります!!!

 

②『腎』…人体を構成する基本物質『精』を蔵するところ

成長・発育・老化・ホルモンバランス・生殖・水分代謝を主る。

働きが弱くなることで水分の排泄がうまくいかなくなり『痰湿』を生み出す。

中医学では脂肪も水分と考えますので…

腎が弱ると脂肪もため込みやすくなります。

 

③『肝』…ストレスを司るのは肝臓!!!

ドカ食いしちゃう!という方はもれなく推拿していても

肝臓に負担がかかっています。

薬の常飲、大量のお酒も肝臓に負担がかかり、

長い目でみると

肝が蝕まれる=自律神経が蝕まれる

ストレス耐性が弱い体になってしまいます。

ドカ食いしてしまうタイプの人は

努力で食欲に勝とうとせず、とにかく嫌なことを排除する、心身共にリラックスすることが最重要課題です。

 

ご自身はどんなタイプか気になる方は是非

パーフェクトヘルスコーチングの認定を全スタッフが持っておりますので

体質の確認にいらしてくださいね。

関連記事

  1. 施術の効果を持続させるにはどうしたらいいの!?①

  2. 忘年会シーズン到来!飲み会が続いても翌日の元気を保つ方法とは…

  3. その疲れ…イヤホンとピアスが原因かも!?

  4. 夏の土用がやってきます

  5. あなたにとって健康の定義とは!?

  6. その便秘は水分不足じゃなくて呼吸不足かも!?