雨の日の不調を起こさないための養生ポイント

おはようございます。

一昨日は25℃近くまで気温が上がった東京ですが…

今朝は本降りの雨ですっかり冷え込みますね。

 

雨の日は体感以上に足元が冷えこみます。

足元の冷えからの不調が助長され…

・上半身のほてり

・情緒不安定

・だるさ

・頭痛

 

を引き起こしやすくなります。

 

冷気は下がり、熱気は上がりますので、

雨でぬれてしまったら、靴下やストッキングはすぐに履き替えましょう。

代えを持っていないあなたは、コンビニまでダッシュ!!

 

脚のストレッチも普段より入念に。

 

『痰湿』という水分をため込みやすい体質の人は

特に冷え込みやすいです。

※舌に白い苔がついている方は要注意!

 

外側から温めるだけでなく、

・精製された小麦や砂糖

・カフェイン

 

の摂取をいつも以上に気を付けましょう。

逆に水分の排泄を促し、身体を温めるような食材

【排泄】

・青菜

・豆類

【あたため】

・根菜

 

を摂るとよいですね。

 

大量に実家からお野菜が届いたので、今日は鍋だ!!

精製されたものは控えよう!!

と、自分に言い聞かせている私でございます。。。

 

推拿施術とカウンセリングフォロー1ヵ月!

ご自身の養生法を習得したい!!という方はモニターさんご参加くださいませ。

 

関連記事

  1. 生理前の足のむくみが楽になった

  2. 川の流れと経絡と健康について

  3. 中医学的運動をすると元気になる体質について

  4. 舌が教えてくれる身体の不調

  5. 夏の土用がやってきます

  6. 【更年期・婦人科系のお悩みに…】体質改善コースモニターさん募…