川の流れと経絡と健康について

こんにちは、新田です。

まずは台風19号の影響で被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

当店は何も被害がなく13日は通常営業いたしております。

…が、念のためにと事前にご予約変更させていただいたため、暇です!笑

皆様いかがお過ごしでしたでしょうか!?

 

気圧の変化で不調を感じている方は下記のブログも参考にしてみてください。

梅雨の養生法

 

私は何があってもお店まで何とか張って歩いて行ける距離に住んでおるのですが

お店の事務所スペースはとても狭いので、事務仕事は家でしたいなと

事務所兼自宅という位置づけにしています。

 

基本的にだらしがないし怠け者なので

テレビを置いておいたら絶対仕事しないやと思って、家にテレビは置いていないんですね。

中医学の師にもずっと家にテレビを置くなと言われていましたし、

風水的に物も少ない方が気の通りがよいとされているので。

 

今回の台風はとにかく外に出たらまずそうだということで自宅にこもっていました。

が、しかし

テレビがないと台風の状況が非常にわかりにくいのです!!

 

すぐ近くに隅田川が流れているので、風よりも水害が怖いなと思って

結局ずーーーーっとTwitterにはりついたり

離れている家族のことが心配でずーーーーっとLINEしたり…

 

テレビ見てるより明らかに体に悪いだろという。笑

今日は目が痛いし肩がバキバキですよ。

 

そんななか、Twitterやらネットで川や堤防やダムや調整池について調べていたら

なんだか止まらなくなってしまって…

 

どこの川の水位が上がると

どこの堤防が稼働してどこの川に流すとか

さいたま市の調整池が小さな川から荒川につながって実は隅田川守っているとか

詳細はなんのブログなのかわからなくなっちゃうので書きませんが…

大興奮していろいろ調べていたら朝の4時でした!笑

人間の体も自然もおなじ

何が興奮するって、人間の体も自然も同じだなと痛感したから。

『中医学では人間も自然の一部と考えます』

『元気というのはめっちゃテンション高い状態でなく、何も気にならない、普通、という状態です』

『経絡は各臓器の情報網のようなもので全身をめぐって調整をとってくれます』

初めて推拿(すいな)を受けられる方やカウンセリングを受けられる方に説明するのですが…

 

昨日の河川の氾濫を国交省の方が堤防やダムや調整池を駆使して

『普通』に戻そうとしているその様はまさに、推拿(すいな)だし

人間の体と同じやん!!!!と…

 

説明します。

 

身体には、14種類の経絡が流れていて、

それぞれ臓器につながっています。

例えばこちら、肺の経絡。

赤い文字がツボです。

赤い線が施術でおせるところで、青い点線は内臓なのでおせません。

ですが、たとえ青い点線部分が滞っていたとしても

赤い線の部分をほぐして流れをよくすることで

青い点線部分の流れもよくすることができると考えられています。

で、こちらが14種類の経絡を人体模型にはりめぐらせたものです。

身体が日本列島だとしたら、本当に河川のようじゃないですか!??

たとえばこちらの三陰交というツボ

脾(消化器系)

腎(ホルモン・水分代謝系)

肝(自律神経・解毒系)

三つの経絡が交わるので三陰交という名がついている通り

道路で言ったらジャンクションのように連絡しあっているんです!!!

 

例えば頭を使いすぎている人だったら、

心臓や脳の経絡や臓器そのものに気血水がたまってしまうため

末端へ流れることがなく、手足が冷えやすかったり…

 

『ここの川もうすぐ氾濫しちゃうよ!!!』

『ここの調整池開放したけどもう限界だよ!!お願いだから他の川に流してよ!』

というように、

どこの川(経絡)に問題があるのかを見極めて

ほかの川(経絡)に流していくかを考えながら施術をし

あなた、ここの川が氾濫寸前だから、どうやらため込みやすいよとか

どこの流れが悪いから、そこの川がよどんでるんだよとか

あなたの河川の調整をするのが推拿(すいな)なんです。

 

自分の河川はどこが弱いのかな!???

という点検にも是非推拿(すいな)を受けていただきたい。

パルテノン神殿にいってきた

ここから超余談なんですけど、

映画『飛んで埼玉』はご覧になりましたか!?

埼玉解放戦線の秘密基地である春日部のパルテノン神殿に今春行ってきたんです。

※正式名称は首都圏外郭放水路

http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/gaikaku/index.html

 

このパルテノン神殿は、氾濫で水害に見舞われることが多かった

中川、綾瀬川流域の洪水被害対策のために建てられた施設で

大雨の際に中川、綾瀬川からの水を春日部の地下に放出し、

余裕のある江戸川にポンプで放出するという施設なんです。

HPから事前予約ができます。

見学コースは数種類あるみたいです。

展示物やお勉強用のVTRがみられるスペースなんかもあります。

30名くらいいたかな!?

こんな感じで地下に入っていきます。

春日部の地下に!!!!!

まさかのパルテノン神殿!!!!

ミュージシャンのPVや特撮もののロケにも使われているみたいです。

甥っ子に埼玉ポーズを強要

家族にも埼玉ポーズを強要

 

結果春日部のパルテノン神殿のアピールをしたいだけのような記事になっていないか心配なのですが…

 

これだけ巨大なパルテノン神殿も

ため込むだけでなく、ほかの川に流すことが目的です。

 

ため込んでいると表面上はうまくいっているように見えるけれども

突然限界水域で必ず崩落します。

 

例えばダムとか、ため込んでため込んで…

それが崩落したら突然大惨事にみまわれてしまいます。

 

穏やかに川が流れているという基盤があるから、

さらに幸せに生活するためには!?

便利に生活するためには!?

という経済や文化の発展ができる…

ということを実感させられた台風だったように思います。

川が氾濫してなくて幸せ…

なんて、普段思わないですもんね。

 

人間の身体も自然の一部!河川と同じ。

心身ともに、根底としての機能が普通に働いているから

さらに仕事や勉強を頑張ることができたり、美しさを追い求められるものなのではないでしょうか?

関連記事

  1. Ginzaspa50のボディケアリフレはなにが違うの!?

  2. 【更年期・婦人科系のお悩みに…】体質改善コースモニターさん募…

  3. 忘年会シーズン到来!飲み会が続いても翌日の元気を保つ方法とは…

  4. 気血水からみるダイエットタイプ診断

  5. 施術の効果を持続させるにはどうしたらいいの!?①

  6. 胃カメラではきれいな胃が痛むのはなぜ!?