忘年会シーズン到来!飲み会が続いても翌日の元気を保つ方法とは!?

会社やお友達との忘年会、連日暴飲暴食が続いているという方が多くなってくる季節がやってまいりました!

私は新橋駅を利用するのですが、この時期になると、駅のホームにはご機嫌なサラリーマンやOLの方々の姿が。

✔付き合いだから断れない

✔でも次の日の仕事の効率が落ちるのがいや

✔お酒も飲みつつ、健康でいたい!!

そんな方に是非読んでいただきたいと思います。

 

【お酒を飲むとなぜ身体がだるくなるのか】

①肝臓が疲れる=筋肉が疲れるから

肝臓はアルコール解毒の場所、ということはご存知かと思いますが、中医学では、

「肝臓=筋肉=自律神経」

なんともだるーーーいあの状態というのは、内臓疲労だけでなく、筋肉の疲労も起こしているからなんです。

逆にいうと、筋肉をほぐしてあげるよう、ストレッチや入浴を行うことは、肝臓にとっても有効だと言えます。

 

②自律神経が乱れやすい

「肝臓=筋肉=自律神経」

自律神経も乱れやすいのですが、それによって

・睡眠の質が悪くなる

・免疫力が下がる

・身体全体の代謝が鈍くなる

などの症状が誘発されることが考えられます。

 

③消化不良をおこしているから

飲み会は肝臓だけでなく、胃の経絡にも影響を与えます。

食べ過ぎるな!!ということではありません。それはそもそも論ですので。。。

アルコールをがんがん飲むことによって胃液が薄まりますよね!?そうすると、消化が悪くなります。

外食は味も濃く、消化の悪い油ものが多くなりがちですし、なおのことですね。

そんな時には…そう、とにかく良く噛んでください!!

一口食べたら箸をおく、くらいの余裕をもってゆっくり食べましょう。

たまに恥ずかしいという方がいらっしゃるのですが…

大丈夫です、飲みの席でそんなにみんな周りのことを気にしていませんから。

飲酒をすると腰が痛くなる、という方には特に有効ですよ。

胃の経絡は前腿と脛を通っているのですが、消化不良のサインとしては

・腰が重だるくなる

・鼠径部(足の付け根)が痛くなる

・脛がめっちゃ張る

などがあります。

食べ過ぎ飲みすぎで、胃の調子が…という方は、ご自身で足をさすってみてください。

 

 

推拿施術とカウンセリングフォロー1ヵ月!

ご自身の養生法を習得したい!!という方はモニターさんご参加くださいませ。

 

 

LINE@を導入いたしました。

こちらからお友達登録お願いいたします!!


友だち追加

お問合せだけでなく

✔空き状況のお知らせ

✔LINE@限定特典

✔舌診でお身体のお悩み相談←準備中

などなど…

よりお客様お一人お一人の健康と美容に寄り添ったサービスを提供していきたいと思っております。

是非ご登録くださいませ。

関連記事

  1. 元気がないから運動をする…それって必要!?

  2. 春の土用に突入しました!

  3. モヤモヤや思考停止しているときのおススメ解決方法

  4. 中医学的お母さんのおにぎりが美味しい理由

  5. 時短や効率重視は不健康をまねく

  6. プリペイドに込めた想い