ニュースを見るだけで体調不良に!?

1か月前には想像もできなかったような世の中になっていますね。

不要不急の外出の自粛

イベントの自粛

そしてついには学校の一斉休校…

お客様でも勤務先の指示でテレワークをされる方も増えてきています。

そうすると、私たちを心身ともに蝕む

『通勤時の満員電車』から解放されるので

お身体の状態もよくなっているかな!?と思い施術をするのですが…

あれれ…

いつもとは違う不調を感じるぞ!?

『虚』と『滞』

推拿(すいな)ではツボとツボを結んだ道である『経絡』を整えます。

経絡とは、

『気』…生命エネルギー

『血』…栄養をはこぶ、メンタルに影響

『水』…心身に潤いを与える

この3つの要素が連動して流れているといわれています。

『虚する』足りなくなるのはもちろん不調をきたしますが

『滞る』流れが悪くなることも不調の原因となります。

施術でも、どこが過剰で、どこが虚しているのか、滞っているのか、問診で確認をしてからその方に合わせて組み立てます。

不安や外出ができないことによるイライラは「気」の滞りが生じ

・精神不安定

・イライラ

・怒りっぽい

・憂うつ

・落ち込みやすい

・片頭痛

・おならやげっぷが出やすい

・不眠症

・高血圧

・生理不順

・PMS

などの『気滞』の症状が。

運動量が減ることによって「血」「水」の滞りが生じ

・関節痛

・手足の冷え

・しみ

・そばかす

・顔、唇の色が暗い

・肩コリ

・頭痛

・静脈瘤

・身体にしこり(腫瘍)ができやすい

・生理不順

・月経血が黒く塊がでる

などの『瘀血(おけつ)』の症状や

・身体が重だるい

・めまいや吐き気

・むくみやすい

・ニキビや吹き出物

・軟便、下痢

などの『痰湿(たんしつ)』の症状が。

「血」「水」も「気」と連動しているので、運動不足や外出制限など、動きが制限されることは「気」の動きも制限され、

上記の『気滞』の症状と併発し、

なんとも恐ろしい負のスパイラルに陥ります。

先週、今週は特にそのような症状のお客様を多くお見受けしました。

気血水を流す対策方法

『気』を流す

①マイナスなニュースはなるべく見ない

②規則正しい生活をおくる

③趣味などのリラックス時間をもつ

④深呼吸する

⑤おすすめ食材は…香りのよいもの

(酸味、ハーブ、柑橘類など)

アロマもおススメですよ!

空間の『気』の流れをよくしてくれますので。

『血』を流す

①お散歩、ストレッチ、ラジオ体操などを毎日

②同じ姿勢を長時間続けない

③湯船につかる

④おすすめ食材は…海のもの

(海藻やお刺身など)

『水』を流す

①暴飲暴食、脂っぽいもの、甘いもを摂りすぎない

②水の飲みすぎに注意

(沢山水が飲めるということは、食事の味が濃いことや脳の過労が考えられる)

③適度な運動による発汗

④休肝日をつくる

⑤おすすめ食材は…海藻、きのこ類、根菜類、すいか、バナナなど

対外に排出する作用の強い食材がおすすめ。

いつまで続くかわからない不安は『滞』を生みます。

コロナに罹患することよりも、むしろ怖いのは『滞』だと私は思うくらいです。

一度流れが悪くなると、連動して心身ともに不調をきたしやすくなります。

是非リラックスをしに、気血水を流しにいらしてくださいね。

とはいっても外出ができない!という方は、LINE@やメールまで、お気軽に体調のご相談をおよせくださいね。

関連記事

  1. 枕で無意識を味方につけよう

  2. 秋の養生方法

  3. 快適なマスクライフを送るために

  4. 推拿(すいな)は外側から内側にじっくりほぐす施術です

  5. Ginzaspa50のボディケアリフレはなにが違うの!?

  6. 何をするにも気力がわかない…そんな時は?