「私は楽してる」という呪縛

昨日は、職場復帰して1ヶ月で2kg増えてしまったという30代の女性のすいな施術をさせていただきました。

もともと細身で手足がすらりとしているのですが、

今まで感じたことのなかった

・むくみ
・甘いものがやめられない
・お腹周りの脂肪が特に気になる

ということでした。

カウンセリングシートをご記入いただき気になったことは
・睡眠時間が短い
・日中眠くなる
・お腹を下しやすい
・肩、背中のコリ

でした。

「夕食をお腹いっぱい食べても、その後お菓子を食べちゃうんです」

我慢しようとすればするほど食べたくなってしまう。

お腹がいっぱいなのに食べたくなっちゃうのは、何故でしょうか?

彼女の場合はとても頑張り屋さんで、フルタイムで帰宅してからも家事をこなし、

ダイエットのためにストレッチや筋トレをしています。

つまり、仕事中のストレスよりも、私が改善すべきと思ったのは、

帰宅してからも自らに与えるタスクの大変さ。

それが無自覚だったため、

「口寂しい」

これって、体から「寂しい、癒されたい」

の反動なんです。

心=体

つながっていますからね。

あれやらなきゃ、これやらなきゃ!の時はもれなく身体が硬直しています。

気が張っている時は、身体が脱力してるってあり得ませんよね?

ふにゃーって脱力モードの時に、キレられます?って言ったら笑ってました。

以前より仕事はペースダウンしているから…

お子さんいる人に比べて、私は頑張っていないから…

睡眠時間削ってまで頑張ってるんだから、こりゃ気の消耗は激しいですよ!!!

どうか気合で乗り切ろうとせずに、自分に癒しを、緩みを与えてあげてくださいね(^^)

関連記事

  1. 心と身体と環境のバランスについて(七情)

  2. 生理前の足のむくみが楽になった

  3. 元気がないから運動をする…それって必要!?

  4. 空間の氣を整えて理想の生活を手に入れましょう

  5. 忘年会シーズン到来!飲み会が続いても翌日の元気を保つ方法とは…

  6. 梅雨の養生法