スキンケアは「こすらない」が鉄則

もう知ってるし、

当たり前にちゃんとやってるよ!という方も多いと思いますが、

お聞きください。

 

  

クレンジング洗顔、

基礎ケアまでは十分に気をつけてお手入れ。

 

盲点はこのあとです。

メイクベースをつけ始めたところで

擦りはじめる方。

大多数みかけます(・・;)

 

基礎ケアまでは、

赤ちゃんの肌に触れるように

優しーく大事に触れていたのに、

メイクの下地を

つけ始めたところで

激しめに塗りぬり。。

それまでの丁寧なケアが水の泡です(゜ロ゜)

 

メイクの塗り方

お肌表皮の厚さは平均0.02ミリ。

ラップと同じ位の厚さです。

とても薄く、擦ると破れて傷ついたり、乾燥、シワ、たるみ、くすみ、赤み、かゆみ、様々な肌にトラブルの原因につながります。

ですので

「こすらない」が鉄則!

 

【化粧水やクリームを付けるとき】

全体を軽くプレスするように馴染ませること。 

 

【メイクのとき】

油断せず優しくお肌に触れるようにする。

メイクベースをつけるときは

中指薬指の二本をつかうと

力が入らずに、

優しく肌にのせられます。

 

わたしは目を触って擦るクセがあるので、おかげでくすみが定着して取れません( ゚ε゚;)

本当に気をつけてください。

 

 

もしこすれてしまったら…

最近では、マスクを付けることが増えているので、マスクの摩擦や蒸れも気になるところです。 

こすれてしまったところは

白色ワセリンなどで保護と、普段通りの保湿を。

暑くて蒸れてしまう場合は

なかなかこまめに交換もできないのでガーゼやティッシュをあご辺りに挟むのも良いかとおもいます。

工夫しつつ、この自粛期間を乗り切りましょう\(^^)/

関連記事

  1. 腸内環境みだれていませんか?

  2. 痛みを和らげる香りの効果

  3. しっかり美容の日のアイテム

  4. 鏡を見すぎないことも美容のひとつ

  5. こんな気分の時にはこのアロマを♪

  6. PC や家事に疲れたら